本文へスキップ

レトルトパウチ製品を中心した各種OEM生産・醤油製造ーマルハマ食品株式会社ー島根県浜田市

お問い合わせはお気軽に… 0855-26-0700

採用情報RECRUIT

先輩社員の声

   マルハマ食品が誇る自慢の仲間たちの声をご覧ください。入社動機や職務内容など職場の雰囲気が伝わるかと
  思います。商品開発職・品質管理職・技術職・食品製造職等、それぞれの部門の先輩社員達が語っている、あり
  のままの声をぜひ一読下さい。




Q1.入社動機・きっかけは?
 私は生まれ育った島根県で、食に関わる仕事に就きたいとずっと思っていました。同じ大学出身の先輩がいたこともあってマルハマ食品のことを知りましたが、地元に密着した企業であることに大変興味を持ち、島根県で就職先を探していた私にとってピッタリだと思ったのがきっかけです。企業訪問で工場見学させて頂いた時にも丁寧に対応して貰い、好印象だったのが入社を決めた理由の一つです。
Q2.仕事の内容は?
 自社製品・OEM製品について、新製品の設計・開発及び既存製品のリニューアルを担当しています。試作を重ねながら配合や製造工程を検討するのはもちろんのこと、工場にてラインテストを行ったり、書類作成を行うなど、携わる業務内容が幅広いのがこの仕事の特徴です。また、開発業務を行う中で、各工場・各部署、そしてお客様など多くの方と関わらなければなりませんが、工場とお客様を繋ぐ大事なパイプ役としての役割もあります。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 そもそも今の仕事が自分の興味のある分野であること、好きで選んだ職種であること、これは仕事を続ける上で大きなモチベーションの一つになっていると思います。また、仕事の性格上、人と接する機会が多くあります。色々な方とお話をする中で勉強になることも多々あり、社会人として成長する糧になっていることも楽しさとして感じているのかなと思います。
Q4.今の仕事の難しさは?
 毎回違った案件や問題点が出てくるので、なかなか経験を積まないと自分一人では対応できないこともあります。どんな仕事もそうですが、経験でしか培えない部分がこの仕事にもたくさんあります。他部署と関わることが多いので必要とされる知識もおのずと多くなりますが、先輩に教わりながら、私ももっと知識を深めていきたいと思います。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 良い製品が出来上がるまでには何度も試作や検討が続くこともあり、毎回反省することばかりです。ただその都度新しい発見があり、それを自分の知識として身につけ次に繋げることが出来れば、自分の出来る仕事の幅も段々と広がっていきます。更にその過程の中で自分が携わったものが製品化されるというのは、やはり嬉しいものです。
Q6.後輩へのメッセージ!
 大学を卒業し、新たな生活のスタートは不安ばかりでしたが、マルハマ食品に入社後は縁のある出会いが多く、すぐに自分の居場所を見つけることが出来ました。先輩社員からのサポートもあり、若手の社員でも安心してステップアップしていける当社で一緒に働きましょう!!

 


Q1.入社動機・きっかけは?
 職種に関しては何もこだわりがなく、とにかく地元浜田での就職を考えていた自分は、高校卒業と共にマルハマ食品に入社することに決めました。もちろん食品製造についての知識もなく、入社当初は製造工場で勤務しておりましたが、入社3年目に会社から短大に行かしてもらい、食品製造・品質管理に関わる知識を学び、卒業を機に品質保証部に任命されました。
Q2.仕事の内容は?
 製品の各種検査、顧客対応、トラブル・クレーム対応、及びISO関連業務が大まかな「品質保証部の仕事内容」です。品質保証とは、使用する原料から販売後に至るまでの全ての製品段階において安全を保障するための活動を指します。従って、ここからここまでの工程はこの部署といった垣根は関係なく、どの工程・どの部署とも携わり、お客様との間にも率先して入っていかなければなりません。また、6工場全ての管理を行うため、幅広い分野にまたがっての知識も必要とされます。お客様に安全で安心していただける製品を提供することを根底に置き、工場支援や検査を行いますので、つくる側ではなく、お客様の立場に立って、客観的思考を大事に仕事をしています。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 とにかく色々なものに触れ、色々な知識を習得する機会が持てる仕事ですので、吸収した知識によって色々なことがわかるようになったり、見えなかったものが見えてくると自然と仕事に楽しさを感じます。初めは、自分のように苦戦することも多いでしょうが、持っている知識と新たな情報・知識が結びついた時には新たな発見ができます。そういった面では、好奇心が強い方に向いている仕事だと思います。
Q4.今の仕事の難しさは?
 品質の保証を行うためには製品そのものの特性を知らなければいけません。そのため、新製品のテストになるべく立ち会ったり、工場に出向いて支援活動を行うなど、現場に足を運ぶ回数を増やし、知識を得る努力をしています。また、品質保証の活動の中には工場の作業内容を確認する仕事もあります。自分がいつも気を付けていることは、「異常があること」を前提にし、常に疑って確認することにより何等かの「気づき」を得ろうとしていることです。この気づきがトラブルの発生や再発の防止に繋がりますが、経験値によってしかその目を養うことはできず、苦労をしています。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 色々な品質保証活動を行う中で個々が独立せず、互いの役割を尊重し合って仕事ができていること、コミュニケーションを取り合いながら互いに成長するチームプレイができていることにやりがいを感じます。最近では、メンバーの中心となって1年半の構築期間を費やした、食品安全マネジメントシステム「ISO22000」認証取得時に大きな達成感を味わうことができました。
Q6.後輩へのメッセージ!
 我々品質保証部は誠実で向上心のある方と共にお仕事がしたいと思っております。「安全・安心な食品を提供し続ける事によりお客様に満足していただく」を目標に、お互いに切磋琢磨しあい、成長していければいいなと思います。専門的な知識がなかった自分も、今では品質保証部の一員としての活躍の場をいただき、日々精進しています。これも先輩方のご指導があってのことです。はじめは戸惑うかもしれませんが、丁寧にお教えします。ぜひ一緒に働きましょう!!

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 もともと自動車整備の仕事に従事していた経験もあり、機械を触るのが好きでしたので機械オペレーター(食品製造職)として入社しました。その二年後、自ら機械修理の職種を希望して配置換えとなり、現在に至ります。
Q2.仕事の内容は?
 自社6工場全ての設備保全が基本的な仕事となります。設備保全の仕事とは、工場の機械が安全に動いているか確認する定期点検や、機械に不備があったときの修理を行うといったものになります。工場にとって製品を生産する機械が何より重要、これが壊れてしまうと生産性が落ちてしまい、お客様に迷惑を掛けるだけでなく、自社の損失にも繋がります。よって、”工場の機械を止めない、ラインを止めない“のが「技術部のお仕事」と言ってもいいでしょう。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 工場が安全で正しく動くように設備や機械を点検し、故障や不備があれば現場に出向いて修理をする。いわば「機械の番人」とも言うべき役割を担いますから、機械好きの人にはたまらない仕事です。また仕事の性質上、毎日違うことをやりますので、毎日同じことを続ける仕事が嫌いな方には向いていると思います。
Q4.今の仕事の難しさは?
 企業が作った製品全てのメンテナンスに関わり、製品の問題点や要望も受け付けているため、新たな製品開発にも重要な役割を担います。また、自社工場全ての施設、機械のノウハウをはじめから知識として持つことは不可能に近く、知らないものに関しては新たな知識を得るための努力が必要です。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 修理内容にもよりますが、工場の生産性を保つ為、急いで一人で作業をしなければならないことや、障害の復旧まで現場を離れることができないなど、つらいことも多々あります。しかし、苦労して復旧を実現したときに「工場の仲間から直接受ける感謝の言葉」は大きなやりがいになります。
Q6.後輩へのメッセージ!
 初めは難しいかもしれませんが、故障したり調子の悪い機械を調べ、原因を探り当てて直したときには達成感を味わえます。私もそうでしたが、先輩から指導を受けながら少しづつ経験を積んでいけば、早く、そして正確に故障の原因を突き止められるようになり、楽しみがドンドン増えていくのがこの仕事の醍醐味です。「機械の仕組みが知りたくて、とりあえず分解してみた」そんな子供の頃の経験がある機械好きな方、誰もがみんな初心者からのスタートでした。共に働いてみませんか⁉

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 大学で食品製造について勉強したので、それが活かせる仕事に就きたいと思い、マルハマ食品に入社することに決めました。また、マルハマ食品周辺の自然環境が福岡出身の自分にとって新鮮で魅力的だったことや、将来子供を育てる環境としても自然豊かでいいなあと思えたのも理由の一つです。
Q2.仕事の内容は?
 製品の包装・梱包を行うセットアップ工場で、生産管理担当として仕事をしています。「生産管理の仕事」とは、資材の発注・製品の入荷管理・製品の出荷管理・人員配置などの人員管理・工場設備の管理など、製品の生産に関わる全ての仕事に携わります。お客様からの要求に応え、高い品質の製品を、決められた数量分、決められた日数でお届けする為、いかに効率よく機械を動かし、人を配置するかを試行錯誤するのがこのお仕事です。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 一致団結して同じ目標(製造目標数達成など)に向かい、みんなと協力しながら仕事を進めていくところに楽しさを感じます。どんな仕事も自分一人でやれることには限界があります。「多くの仲間の力を借り、やっと製品が完成する」、その段取りをするのが今の自分のお仕事です。「みんなが同じ方向を向いて仕事ができている」それを感じれた時には、生産管理としての楽しさを感じます。
Q4.今の仕事の難しさは?
 製品製造の方法としてライン作業を行いますので、人員・資材・設備のうち、どれ一つが欠けても製造目標を達成するのが難しくなります。常に最善の準備をしてから生産を開始しますが、当日になって欠員が発生したり、色々なトラブルの中、どのような選択肢があるかを考え、限られた条件の中で速やかに最善の方法を選ばなければなりません。終わってみれば、やはりあのやり方がよかったと日々反省しています。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 やはりお客様から注文いただいた製品を、与えられた人員・資材・設備などを駆使して、予定通りに製造できた時にやりがいを感じます。仕事の難しさのところでも言いましたが、色々なトラブルを一つ一つ解決し、無事に生産予定数を製造し終えた時には生産管理としての達成感があります。
Q6.後輩へのメッセージ!
 「自分はこれだけは負けない」と言えるものを持って欲しいです。例えば「何かについてものすごく詳しい」とか、「できないことも多いけど、ものすごく頑張り屋さん」とか。人にはそれぞれ得手不得手が必ずあります。好きなものをトコトン突き詰めてみた結果、それがその人の個性や強みになると思います。なんでもいいと思うので1つだけあなたの負けないものを作ってみて下さい。

                  


Q1.入社動機・きっかけは?

※(田): 田村さん
 
(横): 横田さん
 (田)学校で食品製造に関して学び、将来は食品製造に関わる仕事が出来ればと興味を持ちました。そんな中、マルハマ食品で職場体験させてもらったのがきっかけとなり、学校卒業後に入社を決めました。(横)私の場合は、一度大阪で就職したのですが、将来的に地元に帰って仕事がしたいと思い始め、Uターン就職で同じ業種の仕事を探していたところ、マルハマ食品の求人を見つけ入社することに決めました。
Q2.仕事の内容は?
 (田)レトルト食品の製造工程における「重要項目の確認」「具材の計量」「商品の出来栄え確認」などが主な仕事内容です。(横)「重要項目の確認」は、製品ごとに基準値が定められている高精度な質量チェックや、印字されている賞味期限があっているかの確認、パウチ内部の残存空気が多いと早く劣化するのでそれを調べる水没確認などを行います。「具材の計量」は、製品ごとに使用する具材が違うのはもちろん、分量が決められているので、分量が規定内に収まっているか1つずつ人の手で計りにかけます。また「商品の出来栄え確認」では、中身が漏れないようにきちんとシールされているか、パウチにピンホールはないか、印字は指定された箇所にあり、消えたり・欠けていないかなどの確認作業を行います。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 (田)集中して黙々と仕事をすることが得意な自分にとって、今の仕事は合っている気がします。食品製造業という品質第一の仕事なので、作業工程の中に確認作業は多く含まれますが、私にとってはそれが集中力に繋がり、黙々と仕事をすることができます。(横)逆に私は長時間集中して作業をすることに苦痛を感じることもありますが、休憩時間に冗談を言い合う仲間が多くいる今の職場環境があるので、また頑張ろうという気になります。
Q4.今の仕事の難しさは?
 (田)レトルトパウチの取り扱いに気を使ったり、異物混入に気を付けながら作業を行う必要があること。また、レトルト製品の具材を充填する機械の速度に合わせて計量をしなければいけない等、慣れるまでには大変なこともあります。(横)私も不良確認など「安全なものづくり」には気を配って作業しています。一つのミスで会社の信頼を簡単に無くしてしまう恐れがあるので、気が抜けないのがこの仕事の難しいところだと思います。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 (田)自分が製造した製品が何事もなく、お客様の手元に届くこと。テレビでその製品が美味しいと話題になった時には、製造に携わったものとしてやりがいを感じます。(横)作業に集中して取り組めたおかげで、不良が少なくて済んだり、自分が携わった製品が店頭に並んでいるのを見かけた時はすごく嬉しいです。
Q6.後輩へのメッセージ!
 (田・横)製造部は、多くの仲間と共に和気あいあいと楽しく働けるのが最大の魅力です。高い品質を守るため、確認作業が多く、何事にも集中して取り組まなければなりませんが、上手く行かずに辛い時にはみんなが力を貸してくれます。製造作業の経験がなく、初めての方でも問題はありません。共に働いてみませんか!?

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 私は技能実習生としてベトナムから日本にやってきました。残念なことにベトナムでは大学を卒業したとしても一握りの学生しか十分な給料を貰える職につけないのが現状です。現に私も大学で経営学を学びましたが、いい仕事に就くことができませんでした。そんな中、もともと日本に興味があった事もあり、ベトナムの政府が斡旋する技能実習制度を利用して日本に行き、日本語を学んで、今後の就職活動に役立てようと考えました。また、親が病気がちで療養費がかかること、できれば少しでもお金を貯めて、夢である「自分のお店を持つ」足しにできればという思いもあり、日本で技能実習生として頑張ることに決めました。
Q2.仕事の内容は?
 セットアップ工場で、ライン作業担当として仕事を頑張っています。「ライン作業の仕事」とは、コンベアの上に製品の具材の入った袋やたれの入った袋を決まった数だけセットし、機械が自動で包装・印字したものをまずは目視で「外観・印字状態・シール状態」を確認します。その後、完成した製品を規定数分段ボールに詰めてガムテープで封をし、すぐに発送できるようパレットの上に並べたりするのが大まかな仕事内容です。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 作業のスピードに慣れてくると、余裕や時間が少しづつ作れるのでその分正確な作業が出来るようになります。自分の中で「どうやったら早く・正確に作業できるか」考えられるようになると仕事も楽しくなります。
Q4.今の仕事の難しさは?
 まずは日本語を理解しなければならないのですが、私が理解できていないのが分かるとすぐに周りの方や、先輩リーダーが「身振り手振り」で優しく教えて下さるのにはいつも助かっています。また、ライン作業のスピードに慣れるのにも最初は手間取りました。機械は常に動きながらの作業ですので、焦らず正確に作業をする集中力が必要です。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 初めての海外で言葉も分からないとなれば、やはり最初は寂しい気持ちになりましたが、夢を叶えるために仕事をしていると思うと、頑張らなければという気持ちになります。頑張れば頑張っただけ「夢に繋がる」ので、私にとって今の仕事はやりがいがあります。
Q6.後輩へのメッセージ!
 違う国から来て、言葉のわからなかった私でさえなんとか楽しく仕事が出来ています。周りの先輩方が優しく接してくれるこの職場が大好きです。よかったら一緒に仕事をしましょう。

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 もともと食品製造に携わる仕事ができればと興味があり、色々と仕事を探していましたが、マルハマ食品の近所に住んでいたことや、知人や友人の勧めもあり、入社することに決めました。
Q2.仕事の内容は?
 セットアップ工場で製品の包装・梱包に携わる機械の調整を行う、「機械オペレーターという仕事」を任されています。ライン作業で使われる機械ということもあり、機械が止まってしまえば、おのずと生産性が落ちてしまいますので、機械の調子が悪いと思えば調整を行い、スムーズに製品が流れるように気を配ります。また、梱包作業という最終工程を担う部署ですので、気の抜けない緊張感の中、お客様に良い製品が届けられるよう、日々頑張っています。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 製品を包装する機械のオペレーターとして仕事をしていますが、毎日同じ製品を製造しているわけではありません。機械には、この製品を製造するにはこの型を使用するといった型替えの作業を行う必要があり、様々な製品に対応するよう作られています。この型替えの作業が難しく大変なのですが、うまく調整ができ、良い製品ができたと思えたときには達成感があります。また、新商品に対応する為にどのようにしたらいいかと考えているときも楽しいですし、自分が製造した商品を近所のお店で発見する楽しみや、他社で造られた製品を見て違いを見つける楽しみもあります。
Q4.今の仕事の難しさは?
 仕事の楽しさのところでも言いましたが、機械の型替えをした時に、機械がうまく動かなかったり、自分の思った通りに行かない時、この仕事の難しさを感じます。故に、機械の癖など、経験によって得ることが出来る部分を培う為、毎日機械の動きをよく観察する努力をしています。また、オペレーターとして決められた日程で製品を出荷できるよう、時間を考えて機械を動かすといった時間調整の難しさもあります。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 機械を動かすオペレーターという仕事は、機械が好きかどうかなど、根本的な向き不向きな部分があるとは思いますが、毎日機械を観察し、それに応じた調整・メンテナンスを施してラインを止めない、予定通りに機械を動かすことにより、不備・不良をなくし、会社の売り上げに貢献できるやりがいのある仕事です。自分はデスクワークがあまり好きではない性格なので、機械好きで、現場で積極的に体を動かしたい方には向いていると思います。
Q6.後輩へのメッセージ!
 マルハマ食品はその技術が買われ、大手企業の製品製造を任されるなど、様々な製品製造に携わています。お店に並べられている製品が、どのような過程で製造されるのか興味がある方や、自分のように地元浜田の方にもおすすめです。「浜田市の企業を全国に拡めるため」一緒に頑張りましょう。

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 地元での就職を希望してはいましたが、高校卒業を機に就職を考えていた自分に、これといった職種希望はありませんでした。あえて言えば、食に興味があったという理由でマルハマ食品に入社させていただきましたが、工業系の高校を卒業したが機械はそれ程得意ではない自分にとって、どの職種が合っているのか、入社当初は相当悩みました。研修期間が終了した際に選択した「機械オペレーター」という仕事も、他の方に比べて機械を触ることに慣れていた程度の選択理由でしたが、10年以上も続いているという事は結果的に選択は間違っていなかったと思います。
Q2.仕事の内容は?
 レトルト第一工場で、レトルトパウチ容器に具材を充填する機械の調整・メンテナンスを行う「機械オペレーター」という仕事を担当しています。機械一台に対し2名程度の製造スタッフが具材の計量を行い、機械にセットしていきますが、その具材の供給をしたり、パウチ容器を機械に直接セッティングしたりと供給係としての役割も担います。担当している機械を見るだけでなく、人も見ながら総合的に製造管理するのが機械オペレーターというお仕事です。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 機械の調整・メンテナンス、人の動きの状況確認など、時間に追われて作業を行うことになると思います。一番難しい部分でもありますが、各作業の時間配分をしっかりと考え、段取り良く仕事がこなせるようになると楽しく感じることができると思います。また、そういった部分では、計画を立てるのが好きな人は向いている仕事だと思います。
Q4.今の仕事の難しさは?
 自分が入社仕立ての頃はそれ程ではありませんでしたが、時代の変化に伴い、お客様の要求も厳しいものへと変化してきました。特に食品の衛生面に関する指摘は年々多くなり、当社もいち早くISOシリーズを導入し、製造工程におけるチェック項目も相当な数を行うようになりました。食品業界はどこでもそうだと思いますが、問題が起こらない為の対策に相当神経を使うところが難しさに当たると思います。また、機械オペレーターの仕事でいうと、限られた時間の中で作業を行う難しさをずっと感じています。機械は絶えず動いていますから、その状況下で今は何をして、次は何をするのか、段取り良く進める能力が必要になります。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 もちろん不備が少なく、機械も止まらずに一日が終われれば、機械オペレーターとしてやりがいを感じるのですが、主任としての立場や経験で、それは当たり前と考えるようになりました。今は一日ではなく、その積み重ねでいかに年間を通して不備を減らせれるか、そして年間目標として立てた数値をクリアした時に、初めてやりがいを感じるようになりました。また最近は、1台の機械だけではなく、2台の機械を同時に管理し、知識や経験値で段取りよく作業が進んだ時にも「やれたという達成感」があります。
Q6.後輩へのメッセージ!
 自分の能力がどれくらいで、どこまでやれるのか、やってみないとわからない部分はきっとあると思います。社会人としての経験が豊かな人は、「自分は何が得意で何が不得意、この仕事ならどれくらいでできる」など、経験値で答えが出せますが、高校卒業したての人や、経験が少ない人はトライしてみないと答えを出せず、悩んでいる人も多いと思います。やってみることにより失敗するかもしれませんが、その経験はどこかできっと役に立つし、何よりも1つの答えは得ることができます。何をしたらいいか悩む選択肢より、何かを始める選択肢を選んでみて下さい。

                  


Q1.入社動機・きっかけは?
 主人のUターンに帯同し東京から移住、 転職するなら主人の地元である浜田市の企業に就きたいと考えていました。東京出身で右も左も分からず、すでに子供もいた自分は、子育てに対して理解のある職場はないかと探していたところ、自宅から近いという利点もあり、マルハマ食品にお世話になることになりました。
Q2.仕事の内容は?
 本社の事務所で事務を担当しています。電話対応、来客者への接客対応、伝票の作成・処理業務、顧客等データ入力・チェック業務、製品等発送業務、ファイリング業務や請求書作成業務など多岐にわたって事務作業に携わっています。
Q3.今の仕事の楽しさは?
 事務職の仕事は単調な作業の繰り返し・・・と思われがちですが、自分なりに業務の効率が良くなるように工夫したり、会社の窓口としての役割もあるので、明るく、臨機応変な対応や気配りが求められる職だと思っています。私も今の自分の働きに満足せずに、どうしたらもう少し円滑に業務が進められるか、お客様に喜んでもらえるにはどのような対応が必要かなど、常に新しい改善点と遭遇の毎日です。私の場合はそれが向上心に繋がり、やりがいや楽しさを感じる部分でもあります。
Q4.今の仕事の難しさは?
 やりがい・楽しさの部分と重なるかと思いますが、事務職は社外のお客様に対する窓口はもちろん、社内の職員に対するリンク役の一面もありますので、業務が滞ることなく円滑に進むよう臨機応変な対応が求められます。そのような場面で焦って失敗したり、経験値のなさから自分自身の未熟さを痛感することも多々あります。
Q5.今の仕事のやりがいは?
 心をこめて対応したお客様からいただく感謝の声や、対応が良かったなどのお褒めの言葉をいただいた時は、やはりうれしいです。 そのような言葉をいただける機会は少ないですが、「次はこうしよう、これも試してみよう」など、仕事に対するモチベーションが上がるきっかけややりがいに繋がります。
Q6.後輩へのメッセージ!
 私は中途入社し、前職は異業種で事務職は未経験でしたが、ここまで勤めてこられたのは、マルハマ食品が居心地の良い会社だったからだと思います。特に、前職は産休育休の取得が難しい職場だったので、子育てお母さんにとって、マルハマ食品はとてもやさしい会社だなと感じています。出産をきっかけに働き方、職を変えなければならないお母さんや、再就職したくても子育てに理解ある会社となかなか出会えない方にとって、マルハマ食品は仕事と家庭(子育て)をバランス良く両立できる職場だと思います。同じ悩みを抱えているお母さんは、是非、検討してみて下さい‼一緒に働きましょう‼

                  

バナースペース


マルハマ食品株式会社

〒697-1321
島根県浜田市周布町イ100番地